道徳に関して知りたいならこのサイト

道徳教育が子供に与える影響とは?

まず大前提として、道徳は教科ではないため、授業を受けても評価はされません。
道徳の授業で使われる本も教科書ではなく、副読本などが用いられています。
現在で言うところの「道徳」という科目は、もともと「修身」または「修身学」と呼ばれていました。
日本の近代学生制度が誕生したのは1872年のことで、1879年にはある男性が「教育議」を出し、小学校での道徳教育は「修身」という名で行わるようになります。
しかし、それまで推進されてきた欧米化政策に対し、日本国内で反発が起きました。
1880年に道徳は筆頭科目として設置されていましたが、国内の反発から「徳育方針」へと大転換することとなります。
推進されてきた道徳教育をやめ、徳育方針一本化の流れとなったのです。
10年後の1890年、かの有名な「教育ニ関スル勅語」が発表され、「これ(勅語)を国外に適用しても間違いはない」という認識の元、天皇を理由とした戦争や侵略は「是」とされました。
第二次世界大戦で敗れGHQの支配下となった日本では、日本史や地理といった科目も教育機関で再開されました。
軍国主義を推し進めた修身科目が再開されることはなく、1958年、道徳が小中学校で特設されることが決まりました。
しかし、当時は日教組などの猛反発が巻き起こったために、道徳の授業は中々スムーズに行われませんでした。
時代とともに道徳科目の重要性が見直されるになると、2008年に学習指導要領改訂が行われ、どの学校にも「道徳教育推進教師」が置かれることとなりました。

このページのTOPへ