道徳教育で子供に培われるものとは?

道徳に関して知りたいならこのサイト

>

教科化するメリットとデメリットを知りたい

メリット

大前提として、道徳は「教科」ではなく、子供と教師への評価が不要なため、教師ごとで道徳授業への力の入れ具合に差が生まれているのが、日本教育の現状です。
道徳の授業に力を入れている教師もいれば、評価に影響しないからとサラッとこなす程度にしている教師もいるのです。
もしも道徳が教科化された場合、全ての教師が道徳の授業を充実させようと取り組まなければならなくなります。
そうなると、道徳授業の内容についてある程度の基準が作られ、道徳の授業そのものが充実していくことが予想されます。
道徳の授業そのものが充実するというのは、子供達にとっても日本の将来にとっても大きなメリットとなるでしょう。
メリットとデメリットを知っておく事で聞かれた時に答えられるので覚えておきましょう。

デメリット

道徳の教科化におけるデメリットは、道徳が国や教師の主観で固定されてしまう可能性があることです。
そもそも道徳というのは幅広い考えの中で生まれ育まれるものです。
しかし、教科化されるとなれば、ある程度の方向性や指導内容を定めなければなりません。
国が定めた教育指導内容や、教師の主観による指導が、子供達の固定観念になってしまうのではないかという懸念の声もあがっています。
日本教育は教科書を用いた一律教育が基本ですが、一律教育は、道徳の授業に最適だと言えるのか疑問に思う方も多いと思います。
さらに道徳を教科化することで教師の負担が増えること、評価を得るための主観の押し付けが起こるのではないかという懸念もあります。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ